大分類植物KingdomPlant
種名Setaria italicaSpeciesSetaria italica
学名(一般名)Setaria italica[foxtail millet、bengal grass、あわ、アワ、粟、もちあわ、モチアワ]Latin Name(General Name)Setaria italica[foxtail millet,bengal grass]
科名イネ科FamilyPoaceae
原産/分布東アジアOriginIt is native to East Asia.
日本伝来縄文時代に農耕作物。Introduction into JapanIt was already cultivated as a crop in Jyomon era.
概説うるち種ともち種がある。
江戸時代にはうるち種は一般、もち種は上流階級の食材だった。
SummaryIt is divided into two types, uruti (amylose included) and mochi (no amylose).
In Edo era, uruchi was for ordinary people, while mochi was for upper class people.
8-11月From August to November.
食用ロイシンを多く含む。
食物繊維。
うるち種は飯、かゆ、だんご、もち、菓子等
もち種は飯、もち、粟おこし、飴等に用いる。
保存:冷蔵庫へ。
EdibleIt is rich in leucine.
and in dietary fibers.
健康促進/薬用あわの細胞壁に含まれるフェルラ酸は、同じくあわに含まれる不溶性食物繊維含量に比例して多くなり、互いに結合して細胞骨格を強固にし、安定した抗酸化作用を示す。
タンパク質や脂肪が豊富。必須アミノ酸の1つ、ロイシンを多く含み、肝機能の向上、筋肉の強化等が期待できる。
Health Care/ Medicinal Usage-
健康促進 概要あわの細胞壁に含まれるフェルラ酸は、同じくあわに含まれる不溶性食物繊維含量に比例して多くなり、互いに結合して細胞骨格を強固にし、安定した抗酸化作用を示す。

タンパク質や脂肪が豊富。必須アミノ酸の1つ、ロイシンを多く含み、肝機能の向上、筋肉の強化等が期待できる。

抗酸化作用
肝機能の向上
筋肉の強化
Summary of Health CareContains much protein and lipid Since it also contains leucine, one of essential amino acid, improvement of liver function, muscle strengthening can be expected

Antioxidant action
Improvement of liver function
Muscle strengthening
一般文献池部誠、野菜探検隊世界を歩く、文芸春秋(1986)
芳本信子、新しい視点生きた知識食べ物じてん、学建書院(2005)
オールガイド五訂増補食品成分表2009、実教出版(2009)
五明紀春監修、502品目1590種まいにちを楽しむ食材健康大辞典、時事通信社(2005)
三浦理代監修、からだよく効く 食べもの大辞典、池田書店(2009)
Literature-
加工品もちあわ(宇陀雑穀友の会,〒633-2203宇陀市菟田野区見田)Processed Food-

Setaria_italica(1).jpg


Setaria_italica(1)_PR.jpg


Setaria_italica(2).jpg


Setaria_italica(3).jpg





文部科学省 日本食品標準成分表2020 八訂 可食部100g当たり
食品番号 分類 食品名 エネルギー エネルギー 水分 たんぱく質 脂質 炭水化物 有機酸 灰 分 無機質(ミネラル)

ビタミン

食塩相当量
利用可能炭水化物 食物繊維総量 糖アルコール 炭水化物 ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン 亜鉛 マンガン ヨウ素 セレン クロム モリブデン ビタミンA D ビタミンE K B1 B2 ナイアシン ナイアシン当量 B6 B12 葉酸 パントテン酸 ビオチン C
アミノ酸組成によるたんぱく質 たんぱく質 トリアシルグリセロール当量 コレステロール 脂質 利用可能炭水化物(単糖当量) 利用可能炭水化物(質量計) 差引き法による利用可能炭水化物 レチノール αカロテン βカロテン βクリプトキサンチン βカロテン当量 レチナール活性当量 αトコフェロール βトコフェロール γトコフェロール δトコフェロール
kJ kcal g g g g mg g g g g g g g g g mg mg mg mg mg mg mg mg mg μg μg μg μg μg μg μg μg μg μg μg mg mg mg mg μg mg mg mg mg mg μg μg mg μg mg g
01002穀類あわ精白粒146634613.310.211.24.1(0)4.469.663.367.63.3069.7-1.41300141102804.82.50.490.8802122(0)(0)(0)(0)(0)(0)(0)0.602.20(0)0.560.072.96.40.18(0)291.8314.000
01003穀類あわあわもち89021048.0(4.5)5.1(1.2)01.3(44.5)(40.5)44.61.5-45.3-0.3062512390.71.10.200.460104000000000.101.2000.080.010.3(1.7)0.03070.613.400


アミノ酸組成表 食品可食部の100gあたりのアミノ酸成分表
食品番号 分類 食品名 水分 アミノ酸組成によるタンパク質 タンパク質 イソロイシン ロイシン リジン 含硫アミノ酸 芳香族アミノ酸 トレオニン(スレオニン) トリプトファン バリン ヒスチジン アルギニン アラニン アスパラギン酸 グルタミン酸 グリシン プロリン セリン アミノ酸合計 アンモニア
メチオニン シスチン 合計 フェニルアラニン チロシン 合計
( ----------- g ----------- ) ( ----------------------------------------------- mg ----------------------------------------------- )
01002 穀類 あわ 精白粒 13.3 10.2 11.2 480 1500 220 380 220 600 630 360 990 470 210 600 270 360 1000 800 2400 300 990 630 12000 340
01003 穀類 あわ あわもち 48.0 (4.5) 5.1 (210) (600) (130) (160) (110) (260) (280) (170) (460) (190) (88) (280) (130) (250) (410) (410) (1000) (170) (380) (260) (5300) -