大分類植物KingdomPlant
種名Rosmarinus officinalisSpeciesRosmarinus officinalis
学名(一般名)Rosmarinus officinalis[Rosemary、ろーずまりー、ローズマリー、まんねんろう、マンネンロウ、めいてっこう、メイテッコウ]Latin Name(General Name)Rosmarinus officinalis[Rosemary]
科名シソ科FamilyLamiaceae
原産/分布地中海沿岸地方OriginIt is native to Coasts of Mediterranean Sea.
日本伝来江戸時代Introduction into Japanthe Edo period
概説[品種]ウッドローズマリー(コリングウッドイングラムローズマリ)、マジョルカピンクローズマリー、ミスジェサップローズマリー、トスカナブルーローズマリー、プロストレイトローズマリー(クリーピングローズマリー、トレーリングローズマリー)
一度嗅いだら永遠に記憶に残るといわれるほど特徴がある。
古代ギリシャ時代この香りが脳を刺激し記憶力を高めるとされ、試験の守り神として学生がちに大切にされた。
「永遠に心に残る」ほどよい香りに「二人の愛が永遠に続くように」という思いを込めて、結婚式で花嫁が身につけたり、招待客に配ったりという習慣もあった。
葬儀の際も「ずっと人々の心に残るように」という気持ちでローズマリーと一緒に故人を送ったという。
ハーブの一種
[花、頭花、オイル]芳香、再生性のハーブで、鎮痙、鎮痛、発汗促進、肝臓、腎臓を刺激し、消化管の機能改善、多くの病原体の抑制作用がある。
エキスは整髪料、スキンケア用品、浴用品使用される。
Summary[cultivars]Wood Rosemary, Majoric Pink Rosemary, Miss Jessop's Upright Rosemary, Tuscan Blue Rosemary, Prostratus Rosemary.
It has a distinctive smell that is said to remain in memory for ever once scented.
It was cared by students as the saint of test in Ancient Greek Era, for the aroma was beieved to improve memory. It used to be carried by a bride at a wedding ceremony or given to guests in wishing that the couple's love will last forever in the unforgettably good smell.
It is said that Rosemary was thrown into graves as a symbol of remembrance for the dead.
a herb
[part used:flowers, oil]an aromatic, reproductive herb with antispasmodic, analgesic, perspiration promoting, liver and kidney stimulative, gastrointestinal improving, pathogen inhibiting actions.
The extract is used for hairdressing agents, skincare products, bath salts.
5-9月From May to September
食用生葉、乾燥葉を香辛料。ピネン、ボルネオール、カンファー、シネオールなどの精油成分を含む。
マトン、豚肉、鶏肉、鹿肉など肉類の臭みを消すのに適している。
生あるいは乾燥した葉は肉(特にラム、仔ヤギ)、スープ、シチューの香味料に使用する。
ローズマリーは苦く硬いので、みじん切りにするか、小枝のまま入れて後で取り除くほうがよい。
ほんの少量(普通は粉末)をビスケット、ジャムに加える。
生の小枝はヴィネガー、ワイン、オリーブ・オイルに浸してソース、ドレッシングに風味をつける。
保存:葉は乾燥させて密閉容器に。
魚や肉の臭みを抑えたり、じゃがいも料理などの味のアクセントとして、また抗菌作用は酸化防止作用もあるため様々な料理に重宝されています。
EdibleThe leaves are used raw or dried as spice. It contains pinene, borneol, camphor, cineol.
It is suitable for removing the strong smell of meats of pork, chicken, venison.
The leaves raw or dried are used to flavor soups or stews of lambs baby goats.
Rosemary is bitter and tough in texture. When using, it is better finely chopped or used in the form of a twig and removed afterwards.
Just a little (normally the powder) of it is added to buiscuits or jam.
Raw twigs are soaked in vinegar, wine, olive oil to flavor sauces, dressings.
[how to preserv]The leaves are dried and kept in a sealed container. It is used in various dishes and prized, for it weakens the smell of fish or meat, it gives the distinctive flavor to potato dishes, and has anti-bactericidal and antioxidant effects.
健康促進/薬用消化促進、殺菌、防腐、強壮の作用がある。ヨーロッパでは医療に使用。
リラックス効果、抗炎症、抗菌・殺菌作用、感染症予防、鎮痛作用、消化促進
鬱症、感情鈍麻、精神消耗、頭痛、緊張または寒気を伴う偏頭痛、循環器機能不全、不安による消化管機能不全に内服する。
過剰摂取は痙攣と、妊娠中の場合流産の原因となる。
外用薬としてリウマチ、関節炎、神経痛、肉離れ、傷、フケ症に有効である。
鬱症にはAvena sativaエンバクあるいはScutellaria laterifloraと合わせて使用するようである。
Health Care/ Medicinal Usage-
健康促進 概要作用:
消化促進
防腐
強壮の作用
リラックス効果
抗炎症
抗菌・殺菌作用
感染症予防
鎮痛作用

ヨーロッパでは医療に使用。

内服:
鬱症
感情鈍麻
精神消耗
頭痛
緊張または寒気を伴う偏頭痛
循環器機能不全
不安による消化管機能不全

過剰摂取は痙攣と、妊娠中の場合流産の原因となる。

外用薬:
リウマチ
関節炎
神経痛
肉離れ

フケ症

鬱症にはAvena sativaエンバクあるいはScutellaria laterifloraと合わせて使用するようである。
Summary of Health CareAction:
Digestive promotion
Preservative
Tonic action
The effect of relaxing
Anti-inflammatory
Antibacterial, bactericidal action
Prevention of infectious disease
Analgesic action

Used in medicine in Europe

Oral administration:
Melancholia
Apathy
Mental exhaustion
Headache
Migraine associated with tension or chill
Cardiology dysfunction
Gastrointestinal tract dysfunction due to anxiety

Excessive intake causes convulsions, miscarriage in case of pregnancy

External medicine:
Rheumatism
Arthritis
Neuralgia
Pulled muscle
Wound
Dandruff

Seems to use for melancholia with Avena sativa or Scutellaria lateriflora
一般文献白鳥早奈英ら監修、もっとからだにおいしい野菜の便利帳、高橋書店(2009)
Wiliam, Medicines form the Earth,McGraw-Hill Book Company,(New York)、(1978)
難波恒雄,原色和漢薬図鑑(上、下),保育者、大阪(1980)
五明紀春監修、502品目1590種まいにちを楽しむ食材健康大辞典、時事通信社(2005)
デニー・バウン著、英国王立園芸協会ハーブ大百科、誠文堂新光社(1997)
三浦理代監修、からだよく効く 食べもの大辞典、池田書店(2009)
Literature-
加工品プアール茶+(ダイドードリンコ株式会社,大阪市北区中之島2-2-7,http://www.dydo.co.jp/products/detail/193)
緑茶のど飴((株)扇雀飴本舗,〒542-0066大阪市中央区瓦屋町2-5-2,http://www.senjakuame.co.jp/candy/ryokucya.htm)
Processed Food-

Rosmarinus_officinalis(1)_PR.jpg


Rosmarinus_officinalis(Rosemary_1).jpg


Rosmarinus_officinalis(Rosemary_2).jpg


Rosmarinus_officinalis(RyokuchaNodoame_1)_PR.jpg





文部科学省 日本食品標準成分表2015 七訂 登録データなし


アミノ酸成分表 登録データなし