大分類植物KingdomPlant
種名Nigella sativaSpeciesNigella sativa
学名(一般名)Nigella sativa[Black cumin、Ntumeg flower、Roman coriander、ぶらっくくみん、ブラッククミン]Latin Name(General Name)Nigella sativa[Black cumin,Ntumeg flower,Roman coriander]
科名キンポウゲ科FamilyRanunculaceae
原産/分布-Origin-
日本伝来-Introduction into Japan-
概説ハーブの一種
[種子、オイル]刺激的な芳香、緩下剤性のハーブ。
Summarya herb
[part used:seeds, oil]a laxative herb with stimulative aroma
--
食用種子は豆、肉、野菜料理、ペストリー、カレー、チャツネ、ソースの香味料に利用される。EdibleThe seeds are used to flavor bean, meat, vegetable dishes, pastry, curry, chutsney, sauces.
健康促進/薬用乳汁分泌促進、消化管機能保持、消炎作用がある。
月経痛、産後の子宮収縮、乳分泌不足、気管支疾患に内服する。
外用薬として膿瘍、内痔核、睾丸炎に有効。
Health Care/ Medicinal Usage-
健康促進 概要作用:
乳汁分泌促進
消化管機能保持
消炎作用

内服:
月経痛
産後の子宮収縮
乳分泌不足
気管支疾患

外用薬:
膿瘍
内痔核
睾丸炎
Summary of Health CareAction:
Promotion of the milk secretion
Preservation of gastrointestinal function
Antiphlogistic action

Oral administration:
Menstrual pain
Uterine contraction of postpartum
Insufficient milk secretion
Bronchial disease

External medicine:
Abscess
Internal hemorrhoid
Orchitis
一般文献デニー・バウン著、英国王立園芸協会ハーブ大百科、誠文堂新光社(1997)Literature-
加工品-Processed Food-




文部科学省 日本食品標準成分表2020 八訂 登録データなし


アミノ酸成分表 登録データなし