大分類植物KingdomPlant
種名Melia azedarach L.SpeciesMelia azedarach L.
学名(一般名)Melia azedarach L.[Chinabery、Bead tree、Persian lilac、せんだん、センダン、栴檀]Latin Name(General Name)Melia azedarach L.[Chinabery,Bead tree,Persian lilac]
科名センダン科FamilyMeliaceae
原産/分布-Origin-
日本伝来-Introduction into Japan-
概説ハーブの一種
[葉、樹皮、根皮、実]苦い刺激性のハーブ。
Summarya herb
[part used:leaves, barks, root barks, seeds]a bitter, irritative herb
--
食用-Edible-
健康促進/薬用抗真菌、寄生虫駆除作用がある。
腸内寄生虫、カンジダ症に内服する。
過剰摂取は下痢、嘔吐、神経性中毒症を起こす。
外用薬として膣、皮膚の感染症に有効。
内服薬の毒性を弱めるためにリコリスGlycyrrhiza glabraと合わせ使用するのが普通である。
有資格の専門家のみが扱うこと。
Health Care/ Medicinal Usage-
健康促進 概要作用:
抗真菌、寄生虫駆除作用

内服:
腸内寄生虫
カンジダ症

過剰摂取は下痢、嘔吐、神経性中毒症を起こす。

外用薬:

皮膚の感染症

内服薬の毒性を弱めるためにリコリスGlycyrrhiza glabraと合わせ使用するのが普通である。

有資格の専門家のみが扱うこと。
Summary of Health CareAction:
Anti-fungal, parasiticides action

Oral administration:
Intestinal parsite
Candidiasis

Excessive intake causes diarrhea, vomiting and neurogenic toxemia

External medicine:
Vagina
Infection of the skin

Ordinarily used in conjunction with Glycyrrhiza glabra in order to weaken the toxicity of oral medicine

Handling should be limited to qualified professionals
一般文献デニー・バウン著、英国王立園芸協会ハーブ大百科、誠文堂新光社(1997)Literature-
加工品-Processed Food-

Melia_azedarach(1).jpg


Melia_azedarach(Chinaberry_1).jpg


Melia_azedarach(Chinaberry_2).jpg





文部科学省 日本食品標準成分表2020 八訂 登録データなし


アミノ酸成分表 登録データなし