大分類植物KingdomPlant
種名Lavandula angustifoliaSpeciesLavandula angustifolia
学名(一般名)Lavandula angustifolia、Lavandula officinalis、Lavandula spica in part、Lavandula vera in part[Common lavender、English lavender、らべんだー、ラベンダー、いんぐりっしゅらべんだー、イングリッシュラベンダー]Latin Name(General Name)Lavandula angustifolia,Lavandula officinalis,Lavandula spica in part,Lavandula vera in part[Common lavender,English lavender]
科名シソ科FamilyLamiaceae
原産/分布-Origin-
日本伝来-Introduction into Japan-
概説ハーブの一種
[花、オイル]芳香、強壮性のハーブで甘い香りがする。
乾燥させた花をポットポプリに入れる。
オイルは香水、化粧品に使用する。
Summarya herb
[part used:flowers, oil]an aromatic, tonic herb with sweet smell.
The dried flowers are used in pot poupuri.
The oil is used in perfumes, cosmetics.
--
食用生の花は砂糖漬けにする。
またジャム、アイスクリーム、酢に加える。
EdibleThe raw flowers are candied.
Or they are added in jam, ice cream, vinegar.
健康促進/薬用鎮痙、消化機能保持、末梢循環、子宮の刺激、解熱作用があり、抗欝、殺菌効果もある。
消化不良、憂鬱、不安、疲労、苛立、緊張性頭痛、偏頭痛、気管支疾患(肺結核など)に内服する。
外用薬として火傷、日焼け、リューマチ、筋肉痛、神経痛、皮膚疾患、口辺ヘルペス、虫刺され、ヘビの咬傷、毛じらみ、口臭、膣のおり物、切れ痔に有効。
憂鬱、緊張性頭痛にはRosmarinus officinalisローズマリーと、偏頭痛、緊張にはVerbena officinalisバーべインと、リウマチにはFilipendula ulmariaメドースイート、Cimicifuga racifuga racemosaと合わせることが多い。
衰弱、緊張、不眠の患者の浴剤にも使用される。
Health Care/ Medicinal Usage-
健康促進 概要作用:
鎮痙
消化機能保持
末梢循環
子宮の刺激
解熱作用
抗欝
殺菌効果

内服:
消化不良
憂鬱
不安
疲労
苛立
緊張性頭痛
偏頭痛
気管支疾患(肺結核など)

外用薬:
火傷
日焼け
リューマチ
筋肉痛
神経痛
皮膚疾患
口辺ヘルペス
虫刺され
ヘビの咬傷
毛じらみ
口臭
膣のおり物
切れ痔

憂鬱、緊張性頭痛にはRosmarinus officinalisローズマリーと、偏頭痛、緊張にはVerbena officinalisバーべインと、リウマチにはFilipendula ulmariaメドースイート、Cimicifuga racifuga racemosaと合わせることが多い。

衰弱、緊張、不眠の患者の浴剤にも使用される。
Summary of Health CareAction:
Spasmolysis
Preservation of digestive function
Peripheral circulation
Stimulation on uterus
Antipyretic effect
Antidepressant
Sterilization effect

Oral administration:
Dyspepsia
Depression
Anxiety
Fatigue
Irritation
Catatonic headache
Migraine headache
Bronchial diseases (such as pulmonary tuberculosis)

External medicine:
Burn
Sunburn
Rheumatism
Myalgia
Neuralgia
Skin diseases
Cold sore
Insect bites
Bite wound by snakes
Crab louse
Bad breath
Vaginal discharge
Bleeding hemorrhoids

Often used for depression and tensional headache with Rosmarinus officinalis, for migraine headache and tension with Verbena officinalis, for rheumatism with Filipendula ulmaria, Cimicifuga racifuga racemosa

Also used as bath oil for patients of weakness, tension and insomnia
一般文献デニー・バウン著、英国王立園芸協会ハーブ大百科、誠文堂新光社(1997)Literature-
加工品-Processed Food-

Lavandula_officinalis(Lavender_cha_1)_PR.jpg


Lavandula_officinalis(YuzuNodoAme_1)_PR.jpg





文部科学省 日本食品標準成分表2020 八訂 登録データなし


アミノ酸成分表 登録データなし