大分類植物KingdomPlant
種名Angelica keiskeiSpeciesAngelica keiskei
学名(一般名)Angelica keiskei[ashitaba、あしたば、アシタバ、明日葉、あしたぐさ、あしたぐさ、アシタグサ、はちじょうそう、ハチジョウソウ、あしたぼ、アシタボ]Latin Name(General Name)Angelica keiskei[ashitaba]
科名セリ科FamilyApiaceae
原産/分布日本、中国Originnative to Japan and China
日本伝来暖かい太平洋沿岸に自生。八丈島、新島、大島などでは特産品。Introduction into JapanFound on the warm Pacific coast. It is a regional speciality on Hatijyo island, Niijima island, Ooshima island.
概説葉を摘み取っても翌日には葉が出ると言われ、それが名前の由来ともされる。
βカロテンやビタミンC、鉄、食物繊維などに富み、古くから滋養強壮や利尿などに効果があるとして民間療法に用いられて来た。
中国ではすでに明代に薬草を解説した「本草綱目(ほんぞうこうもく)」に登場している。
SummaryThis plant is commonly known under the Japanese name of ''ashitaba''(tommorow's leaf). The name is presumed to have come from its nature that a new sprout grows overnight after the old leaf is harvested.
It is rich in βcarotene, vitamin C, iron, dietary fibers. In folk medicine, it is claimed to be diuretic, tonic and so on.
In China, the explanation of this plant appeared in the Compendium of materia Medica (a Chinese herbology volume) of the Ming dynasty.
3-11月From March to November
食用カロテン、ビタミンB群、C,E,カルシウム、鉄、カリウム
天ぷら、浸し物、和え物、炒め物。
[葉]アシタバ茶
若茎、若葉を食用とする。
EdibleIt contains carotene, vitamin B group, vitamin C, vitamin E, calcium.
It is deep-fried with batter (tempura), stir-fried, boiled and seasoned with soy sauce or soaked in seasoned broth.
[part used:leaves]used as tea leaf (ashitaba tea)
The young stems and leaves are eaten.
健康促進/薬用葉や茎を折ると黄色い液汁が出る。液汁に含まれるカルコン、クマリンという成分には大腸の働きを良くする作用がある。クマリンには抗酸化作用があるので、細胞のガン化を促進するプロモーション過程を阻害することもわかってきた。食欲増進。利尿作用。造血作用を高める。
動脈硬化予防、ガン抑制、便秘改善、高血圧予防、血栓防止、貧血改善、免疫力強化、細胞老化防止
Health Care/ Medicinal Usage-
健康促進 概要液汁に含まれるカルコン、クマリンという成分には大腸の働きを良くする作用がある。
クマリンには抗酸化作用があるので、細胞のガン化を促進するプロモーション過程を阻害することもわかってきた。

食欲増進
利尿作用を高める
造血作用を高める
動脈硬化予防
ガン抑制
便秘改善
高血圧予防
血栓防止
貧血改善
免疫力強化
細胞老化防止
Summary of Health CareChalcone and coumarin components contained in the juice have the effect of improving colon activity
Since Coumarin has antioxidant effects, it inhibits the promotion process of cancers

Appetite improvement
Enhances diuretic action
Enhances hematopoiesis
Prevention of atherosclerosis
Inhibition of cancer
Constipation improvement
Prevention of hypertension
Thrombosis prevention
Anemia improvement
Enhancement of immunocompetence
Prevention of cellular senescence
一般文献白鳥早奈英ら監修、もっとからだにおいしい野菜の便利帳、高橋書店(2009)
五明紀春監修、502品目1590種まいにちを楽しむ食材健康大辞典、時事通信社(2005)
オールガイド五訂増補食品成分表2009、実教出版(2009)
Literature-
加工品-Processed Food-

Angelica_keiskei(Ashitaba_1).jpg


Angelica_keiskei(Ashitaba_2).jpg





文部科学省 日本食品標準成分表2015 七訂 可食部100g当たり
食品番号 分類 食品名 エネルギー エネルギー 水分 タンパク質 アミノ酸組成によるタンパク質 脂質 トリアシルグリセロール当量 脂肪酸 コレステロール 炭水化物 利用可能炭水化物 食物繊維 ミネラル(合計) 無機質(ミネラル)

ビタミン

食塩相当量
飽和 1価不飽和脂肪酸 多価不飽和脂肪酸 水溶性 不溶性 総量 ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン 亜鉛 マンガン ヨウ素 セレン クロム モリブデン レチノール αカロテン βカロテン クリプトキサンチン βカロテン当量 レチナール当量 D E(α) E(β) E(γ) E(δ) K B1 B2 ナイアシン B6 B12 葉酸 パントテン酸 ビオチン C
kcal kJ g g g g g g g g mg g g g g g g mg mg mg mg mg mg mg mg mg μg μg μg μg μg μg μg μg μg μg μg mg mg mg mg μg mg mg mg mg μg μg mg μg mg g
06005野菜類あしたば茎葉、生3313888.63.3-0.1----(0)6.7-1.54.15.61.3605406526651.00.60.161.05----(0)0530005300440(0)2.60.21.40.15000.100.241.40.16(0)1000.92-410.2
06006野菜類あしたば茎葉、ゆで3113089.52.9-0.1----(0)6.6-1.43.95.30.9433905820510.50.30.130.92----(0)0520005200440(0)2.7Tr1.403800.070.160.80.10(0)750.45-230.1


アミノ酸成分表 登録データなし