大分類植物Kingdom-
種名 Allium ursinum Species Allium ursinum
学名(一般名)Allium ursinum[Ramsons、らむそん、ラムソン]Latin Name(General Name)Allium ursinum[Ramsons]
科名ユリ科Family-
原産/分布-Origin-
日本伝来-Introduction into Japan-
概説ハーブの一種
[開花時期の全体、葉]強い香りの刺激性ハーブ。
香り、作用共ににんにくと同じ。
Summary-
--
食用葉は好みによりサラダ、サンドイッチ、料理の香味料に使う。Edible-
健康促進/薬用高血圧、動脈硬化に生のハーブと葉を内服する。Health Care/ Medicinal Usage-
健康促進 概要内服(生のハーブと葉):
高血圧
動脈硬化
Summary of Health CareOral administration (raw herb and leaf):
Hypertension
Atherosclerosis
一般文献デニー・バウン著、英国王立園芸協会ハーブ大百科、誠文堂新光社(1997)Literature-
加工品-Processed Food-




文部科学省 日本食品標準成分表2015 七訂 登録データなし


アミノ酸成分表 登録データなし