Input Word : 豚肉

病気予防と食材の関係表
Number of 'Disease prevention and food' data : 2

食品名学名効能機能性天然物文献
ケールBrassica oleracea青汁の材料。
植物油や、脂肪の多い豚肉をいっしょに摂ることで、目や皮膚の健康を促進し、病気予防効果をさらに高めることができる。
[ガン]肺ガン予防。
抗ガン作用を得るには1日1500g必要。
ケール200-250gで約コップ1杯のジュースがつくれるので、これを毎日4-5杯飲む計算になる。
カルシウム
クロロフィル
葉酸
食物繊維
ベータ・カロテン
ルテイン
ビタミンB1
ビタミンB2
ナイアシン
パントテン酸
ビタミンB6
ビタミンB12
葉酸
ビオチン
ビタミンC
ビタミンE
永川祐三著 最新版 抗がん食品事典 医者がすすめる83種 主婦と生活社(2002)

白鳥早奈英著 おいしく食べてきれいになる!野菜のたし算ひき算 幻冬舎
豚肉Sus scrofa domesticus [薬膳]潤燥潤肌の効果。
便通を良くする。
牛肉と比べてビタミンがはるかに多く含み、そのうち炭水化物の代謝に関るB1は、欠乏すると脚気や循環器系の障害を起こし、また、イライラしたり落ち着かなくなったりしやすくなる。
糖尿病、便秘の人によい。
夏バテに向いた食材。
「腎」に力をつけて、体の各部位を潤す働きがある。
口や喉の渇きを鎮め、慢性の乾いた咳や加齢による便秘などの症状を緩和する。
豚足は母乳の出をよくする。
胃袋は消化を助ける。
ビタミンB1
楊秀峰著 中国秘伝 よく効く「食べ合わせ」の極意 文春文庫 健9-1

Page Topへ


病気予防と代謝物の関係表 データなし