Input Word : 牡蠣

病気予防と食材の関係表
Number of 'Disease prevention and food' data : 1

食品名学名効能機能性天然物文献
牡蠣Crassostrea gigas[薬膳]肝・脾・腎に入り、血行を調えのぼせを解消する滋陰養血、精神を安定にさせる寧心安神、腫塊を小さくして解毒する散結解毒、発汗や遺精を抑える収斂固渋などの効能がある。
「海の完全食品」と呼ばれる。
汗の量を調節し、年齢とともに乾いてきた皮膚に潤いを与える。
精神を安定にさせる作用がある。
イライラしたり、強い不安を感じるときなどのストレス対策にお勧め。
滋養効果が高いので、虚弱体質の改善にも有効。
貧血や疲れやすい人に向く。
カルシウム
亜鉛

ビタミンB1
ビタミンB2
ナイアシン
パントテン酸
ビタミンB6
ビタミンB12
葉酸
ビオチン
ビタミンE
グリコーゲン
タウリン
楊秀峰著 中国秘伝 よく効く「食べ合わせ」の極意 文春文庫 健9-1

橋口亮、橋口玲子著今日からはじめる野菜薬膳、からだに役立つ食材きほん帖(株)マイナビ(2012)

Page Topへ


病気予防と代謝物の関係表 データなし