Input Word : ミドリムシ

病気予防と食材の関係表
Number of 'Disease prevention and food' data : 1

食品名学名効能機能性天然物文献
ミドリムシEuglena gracilis抗アトピー、肝臓保護作用、活性酸素除去酵素の活性維持、血圧の上昇が抑えられ、その後も低い状態に維持される。
高血圧・脳血管障害を遺伝的に引き起こすラットをミドリムシで飼育した結果、血管組織アンギオテンシン酸素活性の低下と、血管壁の肥満抑制が得られた。
アンギオテンシンは動脈硬化に関与する重要な因子で、ミドリムシには、生活習慣病から引き起こされる血管疾病についても効果があると報告されている。
パラミロン
アルファ・カロテン
ベータ・カロテン
ビタミンB1
ビタミンB2
ビタミンB6
ビタミンB12
ビタミンC
ビタミンD
ビタミンE
ビタミンK1
葉酸
ナイアシン
パントテン酸
ビオチン
亜鉛
リン
カルシウム
マグネシウム
カリウム

マンガン

ドコサヘキサエン酸
エイコサペンタエン酸
パルミトレン酸
オレイン酸
リノール酸
エイコサジエン酸ジホモ・ガンマ-リノレン酸
アラキドン酸
ドコサテトラ塩酸
ドコサペンタ塩酸
パラミロン
クロロフィル
ルテイン
ゼアキサンチン
ガンマ・アミノ酪酸
スペルミジン
プトレッシン
金子はな子監修、星野泰三著 がん、放射能から守る!ミドリムシとフコイダン 木楽舎(2012)

Page Topへ


病気予防と代謝物の関係表 データなし