Input Word : トマト

病気予防と食材の関係表
Number of 'Disease prevention and food' data : 1

食品名学名効能機能性天然物文献
トマトSolanum lycopersicum[薬膳]体の余分な熱をとる清熱、血圧降下作用。
トマトは水分を補充する作用。
熱を冷ましてほてりを改善する。
夏の食欲不振や夏バテによい野菜。
痩せたい人にお勧め。
[ガン]トマトジュースや缶詰トマトトマトケチャップなどの加工品には完熟トマトが使われているので、ガン予防には効果的。
熱に比較的強い。
ガン予防のためには1日2個(大きいものなら1個)程度食べるとよい。
トマト1個(100g)あたり、リコピンは3100マイクログラム含まれるので2個食べればよい。
トマトジュースなら1日1缶。
リコピン
ベータ・カロテン
ビタミンC
楊秀峰著 中国秘伝 よく効く「食べ合わせ」の極意 文春文庫 健9-1

増尾 清著 毒を出す!新・食べ合わせ法 朝日新聞出版社

永川祐三著 最新版 抗がん食品事典 医者がすすめる83種 主婦と生活社(2002)

白鳥早奈英著 おいしく食べてきれいになる!野菜のたし算ひき算 幻冬舎

橋口亮、橋口玲子著今日からはじめる野菜薬膳、からだに役立つ食材きほん帖(株)マイナビ(2012)

Page Topへ

病気予防と代謝物の関係表 Number of 'Disease prevention and metabolites' data : 2


代謝物名英名効能含まれる食品名文献
カプサンチンCapsanthin赤パプリカの赤い色はカプサンチンは、緑のピーマンのクロロフィルが変化したもので、ベータ-カロテン以上に高い抗酸化作用があり、動脈硬化予防の効果がある。
赤パプリカや「トマピー」というトマトの形をした新種のパプリカはこのカプサンチンを多く含む.
パプリカ
橋口亮、橋口玲子著今日からはじめる野菜薬膳、からだに役立つ食材きほん帖(株)マイナビ(2012)
リコピンLycopene トマトの赤い色。
ビタミンAの仲間。
抗酸化作用はカロテンの2倍、ビタミンEの100倍の活性。
花粉症予防も期待できる。
紫外線によって発生した活性酸素の除去、シミやソバカス予防。
メラニン生成にかかわる酵素の働きを弱める。
抗酸化作用、アンチエイジング、病気予防に有効。
肺ガン、胃ガン、膵臓ガン、子宮ガンのガン予防にも有効。
スイカ
トマト
ニンジン
パパイア
京ニンジン
増尾 清著 毒を出す!新・食べ合わせ法 朝日新聞出版社

永川祐三著 最新版 抗がん食品事典 医者がすすめる83種 主婦と生活社(2002)

白鳥早奈英著 おいしく食べてきれいになる!野菜のたし算ひき算 幻冬舎

Page Topへ