Input Word : トウガラシ

病気予防と食材の関係表
Number of 'Disease prevention and food' data : 2

食品名学名効能機能性天然物文献
トウガラシCapsicum annuum仕事疲れにキムチを食べれば脳の中枢神経を刺激してエネルギー代謝を活発にしてくれる。
内服の場合は血液の凝固傾向を減少させる。
[薬膳]体の中心部を温める作用が強い。
胃腸の冷えを取り除き、下痢を改善する。
消化を促進する働きがあり、食欲を高める。
刺激が強いので食べすぎに注意。
胃腸が弱い人や痔の人は控えるべき。
[高脂血症]コレステロールを下げ、アテローム性動脈硬化を防ぐ。
心臓疾患の予防。
[関節炎]外用で、リウマチ性関節炎、変形性関節炎、帯状疱疹、糖尿病性の神経痛など、痛みを一時的に抑えるのに有効。
ベータ・カロテン
ビタミンC
カプサイシン
清水俊雄著 糖尿病、がん、肥満など24疾患 食品の効き目辞典 真興交易(株)医書出版部(2003)

白鳥早奈英著 おいしく食べてきれいになる!野菜のたし算ひき算 幻冬舎
ハクサイBrassica rapaアルコールを分解するときに肝臓に生じる熱を下げ、胃腸にたまった水分を尿として排出する。
「ハクサイのキムチ」など、カロテンを含むトウガラシと食べ合わせると、ダイエット効果、ガン予防効果も高まる。
[薬膳]消化を助ける作用。
根に近い部分には、アレルギーや発ガン物質の生成を抑える物質を含む。
適度に熱を冷ます効果があり、頭にのぼった熱を降ろし、心を落ち着かせて、イライラ、焦燥感、胸のつかえ感を改善する効果がある。
生理前や更年期ののぼせやほてり、イライラにもおすすめ。
また、消化を促進し、下方へ押し出す力を助けるので、便通を改善する効果もある。
水分を多く含むので、喉の渇きを鎮めて気管に潤いを与え、乾いた咳を楽にする。
インドール
イソチオシアネート
カリウム
ジチオールチオニン
楊秀峰著 中国秘伝 よく効く「食べ合わせ」の極意 文春文庫 健9-1

増尾 清著 毒を出す!新・食べ合わせ法 朝日新聞出版社

白鳥早奈英著 おいしく食べてきれいになる!野菜のたし算ひき算 幻冬舎

橋口亮、橋口玲子著今日からはじめる野菜薬膳、からだに役立つ食材きほん帖(株)マイナビ(2012)

Page Topへ


病気予防と代謝物の関係表 データなし