Input Word : キャベツ

病気予防と食材の関係表
Number of 'Disease prevention and food' data : 3

食品名学名効能機能性天然物文献
カリフラワーBrassica oleraceaカリフラワーもブロッコリーも、花のつぼみ部分より、茎部分のほうが栄養価が高く、特に食物繊維が豊富なので、茎を捨てずに食べるとよい。
また、カリフラワーとブロッコリーに含まれるビタミンCは加熱しても大きな損失がない。
新陳代謝を促進し、老廃物を排出する働きが優れている。
[薬膳]脾・胃・腎を中心に五臓の機能を高める。
胃腸にやさしく、エネルギー補給に優れた野菜。
加齢にともなった気力の衰えを防ぐ。
食物から栄養を吸収する力を助ける。
疲れやすい、耳鳴りが続く、足腰がだるいなど、加齢に伴う症状を予防。
物忘れによいとされる。
[ガン]ブロッコリーを多く食べている人は子宮頸ガンにかかる率が低く、結腸ガンを抑える力はキャベツより高い(米国の研究)。
ベータ・カロテン
スルフォラファン
アリルイソチオシアネート
ビタミンC
ビタミンB2
葉酸
ルテイン
セレン
ケルセチン
グルタチオン
グルコレイト
楊秀峰著 中国秘伝 よく効く「食べ合わせ」の極意 文春文庫 健9-1

増尾 清著 毒を出す!新・食べ合わせ法 朝日新聞出版社

永川祐三著 最新版 抗がん食品事典 医者がすすめる83種 主婦と生活社(2002)

白鳥早奈英著 おいしく食べてきれいになる!野菜のたし算ひき算 幻冬舎

橋口亮、橋口玲子著今日からはじめる野菜薬膳、からだに役立つ食材きほん帖(株)マイナビ(2012)
キャベツBrassica oleracea発ガン物質の生成を抑える働き。
薬膳の観点から補気、安胃(消化を促し胃腸を丈夫にする)、さらには臓腑全体の調節を行う効果が評価されている。
胃腸の粘膜を守る成分は水溶性で熱に弱いので、キャベツの調理は手早くする。
[薬膳]体の中心部にエネルギーを与え、体力、気力、勢力を充実させる。
特に、消化を促して体力を回復させる働きがあるので、疲れやすい人や、食が細くて、少し食べすぎると胃がもたれてしまうような体質の人は、積極的にとるべき野菜。
胃の働きを助ける作用が高いので、食欲不振、胃もたれ、げっぷ、胃痛など、さまざまな胃の不調を和らげる。
[ガン]TNF(腫瘍壊死因子)を産出させる。
ベータ・カロテン
食物繊維
アリルイソチオシアネート
インドール
ビタミンC
キャベジン
ビタミンU
ビタミンK
グルタミン酸
楊秀峰著 中国秘伝 よく効く「食べ合わせ」の極意 文春文庫 健9-1

増尾 清著 毒を出す!新・食べ合わせ法 朝日新聞出版社

永川祐三著 最新版 抗がん食品事典 医者がすすめる83種 主婦と生活社(2002)

白鳥早奈英著 おいしく食べてきれいになる!野菜のたし算ひき算 幻冬舎
芽キャベツBrassica oleracea[ガン]キャベツなどの淡色野菜の汁には、白血球の働きを活性化させて、TNF(腫瘍壊死因子)の分泌を促進する作用がある。
直腸、胃、肺、食道、膀胱のガンを予防する効果。
ベータ・カロテン
ビタミンC
葉酸
タンパク質
食物繊維
スルフォラファン
ビタミンU
ビタミンK
クロロフィル
セレン
イソチオシアネート
ルテイン
永川祐三著 最新版 抗がん食品事典 医者がすすめる83種 主婦と生活社(2002)

永川祐三著 最新版 抗がん食品事典 医者がすすめる83種 主婦と生活社(2002)

白鳥早奈英著 おいしく食べてきれいになる!野菜のたし算ひき算 幻冬舎

Page Topへ


病気予防と代謝物の関係表 データなし